介護保険料

第2号被保険者(40歳以上64歳以下)の人の介護保険料については、加入している公的医療保険の保険料に含まれているため、直接紫波町に納めていただく必要はありません。

一方、第1号被保険者(65歳以上)の人の介護保険料は、紫波町が金額を決定し、紫波町に納めていただく必要があります。詳しくは以下のとおりです。

保険料の算定と保険料額

 第1号被保険者として納める保険料は、65歳になった月(65歳の誕生日の前日が属する月)の分からになります。

保険料額は、それぞれ町県民税の課税状況・所得状況に応じて、下表にある9つの所得段階のうち、どの所得段階に該当するかによって決まります。(該当所得段階の判定は毎年行います。)
年間の保険料額は7月に決定し通知いたします。

平成27年度から平成29年度までの保険料額は以下のとおりです。

保険料額 一覧
所得段階 対象者 保険料額(年額)
第1段階

生活保護受給者

32,100円
町県民税が課税されていない世帯の人 老齢福祉年金受給者
課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の人
第2段階 課税年金収入額+合計所得金額が80万円超、120万円以下の人 53,500円
第3段階 課税年金収入額+合計所得金額が120万円超の人 53,500円
第4段階 本人は町県民税を課税されていないが、世帯内に町県民税課税者がいる人 課税年金収入額+合計所得金額が80万円以下の人 57,000円
第5段階 課税年金収入額+合計所得金額が80万円超の人 71,300円
第6段階 本人が町県民税を課税されている人 合計所得金額が120万円未満の人 85,600円
第7段階 合計所得金額が120万円以上、190万円未満の人 92,700円
第8段階 合計所得金額が190万円以上、290万円未満の人 107,000円
第9段階 合計所得金額が290万円以上の人 121,200円

 

保険料の納め方

介護保険料の納め方は、「特別徴収」、「普通徴収」の2通りの方法になります。

 年金を受給している人は、原則として特別徴収(年金からの天引きにより納めていただく方法)になります。

年金額が一定基準以下の人などは、普通徴収(納付書により納めていただく方法)になります。

これらの納め方は任意に選ぶことができませんので、ご了承ください。

保険料の納め方と対象
区分 特別徴収 普通徴収
対象となる方
  • 老齢・退職年金、遺族年金、障害年金を年額18万円以上受給している人(老齢福祉年金は対象になりません)
  • 年金の年額が18万円未満の人
  • 老齢福祉年金を受給している人
  • 年度の途中で65歳になった人
  • 年度の途中で、転出・転入した人
  • 年度の途中で保険料の変更や年金の差止等が発生した人
納め方

受給している年金から保険料が天引きされます。

お送りする納付書で、金融機関に直接納めていただきます。

※金融機関にて手続きいただくことで、口座振替を利用することもできます。

仮徴収と本徴収について(特別徴収の方)

仮徴収

65歳以上の方の介護保険料は、6月に町県民税の課税状況が確定してから、7月に決定します。
したがって、4月・6月・8月は確定した保険料での徴収ができないため、暫定的な保険料での徴収となります。これを仮徴収といいます。

本徴収

10月・12月・翌年2月は、確定した年間保険料額から仮徴収分を引いた額を3回に分けて徴収します。
これを本徴収といいます。

介護保険料の意義とおねがい

介護保険制度の財源は、国・県・町の公費負担(50%)と、第1号被保険者(65歳以上)の保険料(22%)、第2号被保険者(40歳以上64歳以下)の保険料(28%)でまかなわれており、みなさまから保険料をご負担いただいております。

 一人ひとりの保険料は介護保険の大切な財源です。
 誰もが安心してサービスが受けられるために、保険料を納めていただきますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先
長寿健康課 介護保険室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5257(直通)
メールでのお問い合わせ