町民医療事業(休日救急当番医制事業 ・ 二次救急医療事業 ・ 献血推進事業)

1 救急医療

救急医療体制について

《盛岡地区の救急医療体制》

     【一次救急】・・・比較的症状の軽い患者に対応

                                  〔夜間急患診療所 ・ 休日救急当番医〕

     【二次救急】・・・手術や入院が必要な症状の重い救急患者に対応

                                  〔地域の中核病院が対応 《※1》

     【三次救急】・・・命に係わる特に症状の重い患者(脳卒中、心筋梗塞、頭部外傷など)

                                  〔高度救命救急センター(岩手医科大学附属病院)〕

 

      《 ※1 》 ◎ 次救急入院受入病院

                        岩手医科大学附属病院、岩手県立中央病院、盛岡赤十字病院、盛岡市

                        立病院、遠山病院、栃内病院、高松病院、盛岡つなぎ温泉病院、盛岡友

                        愛病院、川久保病院、国立病院機構盛岡医療センター、八角病院

 

                   ◎ 小児救急入院受入病院

                        岩手医科大学附属病院、岩手県立中央病院、盛岡赤十字病院、川久保

                        病院

 

    ★盛岡市医師会ホームページ(二次救急入院受入病院)

            http://www.morioka-med.or.jp/hp-QQhospital.htm#1

 

 ※救急医療体制を維持していくため、医療機関の適正な受診について、町民の皆さんの

    ご理解とご協力をお願いいたします。

 

できるだけ平日の診療時間内に受診しましょう

 「救急医療」は単なる時間外診療ではありません。あくまでも急病時のためのものです。

  安易に休日や夜間など時間外受診をするのはやめましょう。

 

休日・夜間に具合が悪くなったら・・・

  休日・夜間の急病のときは、休日当番医や夜間急患診療所で対応しています。

  症状によって翌日の受診でも大丈夫な場合は、かかりつけ医を受診していただくなどの

  ご配慮をお願いします。

 

    岩手県県央保健所ホームページ内

         救急医療の適正な受診のために(リーフレット)

 

岩手医科大学附属病院の移転に伴う診療体制について

 

  岩手医科大学附属病院は、 9月21日(土曜日) に矢巾町に移転します。

       この移転に伴う診療体制は以下のとおりとなります。

             9月19日 ~ 23日            救急受入停止

             9月20日 ~ 23日            外来休診

             9月21日                        入院患者搬送

             9月24日                        内丸メディカルセンター外来開始

                                                岩手医科大学附属病院(矢巾町)外来開始〔完全予約制〕

            ※移転前の岩手医科大学附属病院は 内丸メディカルセンター となります。

 

 

2 休日救急当番医制事業

紫波郡医師会に委託し、休日、祝祭日における急患患者の診療を行っています。

詳しくは、紫波郡医師会のホームページをご覧ください。

 

一般社団法人 紫波郡医師会ホームページへ

     〈休日救急当番医〉

         http://shiwa-med.jp/duty

3 献血推進事業

 安全な血液製剤を定期的に確保するため、赤十字血液センターと連携して献血事業を推進しています。
 詳しくは岩手県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康推進室

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-4522(直通)

メールでの問い合わせ