高齢者の予防接種

高齢者用肺炎球菌ワクチン定期予防接種

肺炎球菌とは気管支炎や肺炎などを引き起こす細菌で、せきやくしゃみなどによって飛び散る飛沫によって感染します。

肺炎は日本の死亡原因の第3位で、特に高齢者の肺炎での死亡率は高くなっています。日常的にかかる成人の肺炎のうち一番多い原因菌は肺炎球菌といわれています。

肺炎球菌には90種類以上の型があります。高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種にはそのうち23種類の型に対して効果があります。健康な人では、少なくとも接種後5年間は効果が持続するとされており、毎年接種する必要はありません。接種した後は接種日を忘れないよう、医療機関から渡される予防接種済証を大切に保管してください。過去に接種を受けた人が、5年以内に接種を行うと、注射部位の痛み、赤み、しこり等の副反応が、初めて接種した時より頻度が高く、程度が強く現れることがあります。

町では、予防接種法に基づき、高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種を町の指定医療機関において実施します。定期予防接種の機会は1人1回です。(定期予防接種とは、「予防接種法」に基づいて実施する予防接種です。)

対象の方へは個別にご案内をお送りしていますので、説明書をよく読み、予防効果や副反応などについて十分に理解したうえで、医師と相談して受けてください。

実施期間

平成29年7月1日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日)

対象者

紫波町に住民登録をしている以下の方

過去に接種を受けたことがある方は定期予防接種の対象外です。

  1. 平成29年度において、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

    対象年齢と生年月日

    年 齢

    生 年 月 日

    65歳

    昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生

    70歳

    昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生

    75歳

    昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生

    80歳

    昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生

    85歳

    昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日生

    90歳

    昭和 2年4月2日~昭和 3年4月1日生

    95歳

    大正11年4月2日~大正12年4月1日生

    100歳

    大正 6年4月2日~大正  7年4月1日生

  2. 60歳以上65歳未満の者であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能の障害を有する方、及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障害者手帳1級)

実施医療機関

医療機関での個別接種となります。

下記の医療機関で事前に予約をして受けてください。

指定の医療機関以外で接種を希望される場合は、申請が必要です。長寿健康課健康推進室へご相談ください。

補助金額と接種回数

補助金額:5,000円

※各医療機関の接種料金から、超えた分は自己負担となります。
※生活保護世帯の方は各医療機関の接種料金の全額を公費負担します。(事前手続きが必要です。)

接種回数:1回

事前手続きの必要な人

以下の方は接種前に手続きが必要です。印鑑を持参し、長寿健康課健康推進室へ来所してください。

  1. 上記対象者2の方
  2. 生活保護世帯の方
  3. 上記実施医療機関以外での接種を希望する方

 

高齢者インフルエンザ予防接種

高齢者のインフルエンザ予防接種は、満65歳以上で、自らの意志で接種を希望する方に行います。

法律に定められた予防接種ですが、強制するものではありません。

実施期間

平成29年10月20日(金曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで

対象者

紫波町に住民票があり、自らの意志で接種を希望する下記の方

1 接種日において満65歳以上の方

2 接種日において満60歳以上65歳未満で心臓、じん臓、若しくは呼吸器の機能に自己の

身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方。及びヒト免疫不全ウイルス

による免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。

(※身体障害者手帳1級に該当)

補助金額と回数

補助金額:2,200円

※各医療機関の接種単価との差額が自己負担となります。

回数:1回

実施医療機関

下記の医療機関での個別接種となります。

下記の医療機関以外で接種する場合は、長寿健康課での手続きが必要になります。

予診票

補助を受けるには予診票(接種券)が必要です。

長寿健康課又は医療機関にて交付をうけてください。

事前手続きが必要な方

下記の方は長寿健康課で申請手続きが必要です。

1 65歳以上かつ生活保護世帯の方(全額公費負担)

2 60~65歳未満で心臓・じん臓または呼吸器の機能、ヒト免疫ウイルスによる機能障害が

身障手帳1級である方(2,200円補助)

年齢計算についての注意点

  誕生日の前日(24時)に1歳年をとると考えますので、平成28年4月1日生まれの人であれば、『1歳未満まで接種可能』と言った場合、『平成29年3月31日まで接種可能』という意味になります。

この記事に関するお問い合わせ先
長寿健康課 健康推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-4522(直通)
メールでのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。