≪ 国民年金保険料の納付が困難なときは ≫

失業や所得の減少などにより、保険料の納付が難しい場合には、次の制度があります!!

  • 「保険料免除」
  • 「若年者納付猶予」
  • 「学生納付特例」
  • 「法定免除」

町民課2番窓口または年金事務所で申請手続きができます。

自営業の方、失業された方は【保険料免除制度】、30歳未満の方は【若年者納付猶予制度】の手続きを!!

保険料免除制度

所得に応じて「全額免除」、「4分の1納付」、「半額納付」、「4分の3納付」の4段階の免除制度があります。

保険料免除の対象となる方

  • 免除申請者と申請者の配偶者、世帯主の前年所得など定められた基準に該当する方。
  • 失業、倒産、天災などにあった方
  • 障碍者または寡婦で前年の所得が125万以下の方

保険料免除の承認期間    

7月~翌年6月まで
 ※過去2年分まで遡って請求ができます。(平成26年4月から申請できるようになりました)

若年者納付猶予制度

30歳未満の方に限り利用できる制度です。
保険料申請免除制度と違い、「世帯主」の所得審査を必要としない制度のため審査基準が緩やかになってます!

若年者納付猶予の対象となる方

  • 申請者本人と申請者の配偶者のそれぞれが前年所得など定められた基準に該当する方
  • 失業、倒産、天災などにあったあったことが確認できる方

若年者納付猶予の承認期間

7月~翌年6月まで
※過去2年分まで遡って請求ができます。(平成26年4月から申請できるようになりました)

免除対象となる所得の目安
扶養人数 全額免除 4分の1納付 半額納付 4分の3納付 若年者猶予
3人扶養 162万円 230万円 282万円 335万円 162万円
1人扶養 92万円 195万円 195万円 247万円 92万円
扶養なし 57万円 93万円 141万円 189万円 57万円

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑(代理申請の場合)
  • 平成26年1月1日以降に転入された方は平成26年度の所得状況がわかるもの
    (1月1日に住所があった市町村長の交付する所得証明書・確定申告の写しなど)
  • 失業などを理由にするときは、次のいずれかが必要です。
    • 雇用保険受給資格者証(コピー可)
    • 雇用保険被保険者離職票(コピー可)
    • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(コピー可)

学生の方は「学生納付特例」の手続きを!!

「学生納付特例制度」

学生本人の前年所得が118万以下であれば、申請し承認されると、その期間は保険料の納付は猶予されます。

対象となる学生・・・

大学(大学院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校・各種学校

手続きに必要なもの・・・

  • 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの
  • 対象年度有効の学生証(コピー可)または在学証明書(原本)
  • 印鑑(代理申請の場合)

学生納付特例の承認期間

4月(または20歳誕生月)~翌年3月まで
※過去2年分まで遡って請求ができます。(平成26年4月から申請できるようになりました)
過去の申請の際、申請年度の学生証または在学証明書(原本)が必要です。

前年の所得が未申告の方は、審査ができませんので必ず申告してください。

障害年金受給者・生活保護等による生活扶助を受けている方は「法定免除」の手続きを!

「法定免除制度」

該当したとき届出しましょう

障害基礎年金または被用者年金の障害年金(1級・2級)を受けているとき、生活保護等による生活扶助を受けている方は届出により保険料が免除されます。

手続きに必要になもの・・・

障害年金受給者 → 年金証書・印鑑(代理申請の場合)
生活保護受給者 → 保護決定(決定)通知書・印鑑(代理申請の場合)

追納をおすすめします!!

保険料免除・若年者納付猶予・学生納付特例の承認を受けた期間で10年以内の期間は遡って保険料を納めることができます。
追納することで、保険料免除・若年者納付猶予・学生納付特例を受けずに保険料を納めていた方と同じように年金額が計算されます。
※3年度目以降、追納する場合は当時の保険料に加算額がつきます。

リンク

この記事に関するお問い合わせ先
町民福祉課 保険年金室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6863(直通)
メールでのお問い合わせ