町内の空家等に関すること

 平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が完全施行されました。

「空家等」の定義

建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着するものを含む。)をいいます。(法第  2条第1項)
共同住宅等の複数の部屋等があり、各々の部屋で居住又は使用できる建築物については、全ての部屋が空室となり居住者その他使用者がいない場合は、空家等として取り扱います。

空家等を所有している皆様へ

 空家等は個人の財産です。所有者又は管理者の方は、周辺住民の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、空家等の適切な管理を行う義務があります。

 空家等の管理は以下の点を参考に、定期的な点検を心がけましょう。また、台風や地震などの後にも点検を行いましょう。

  1. 雨漏りの確認…雨漏りにより腐食の進行の可能性があります。
  2. 換気、通風…空気の流れがないと湿気によりカビの発生や腐食が進行する可能性があります。
  3. 室内の確認…動物の進入、害虫の発生の可能性があります。
  4. 通水…通水を行わない場合、水道管の腐食の進行、排水管から臭気の発生の可能性があります。
  5. 庭木の剪定・雑草取り…庭木や雑草が繁殖すると、周辺に悪影響を及ぼす可能性があります。
  6. 外装の確認…害虫の発生、破損の可能性があります。

空家についてお困りの皆様へ

町内にある空家について、特に困っている、危険を感じる場合は、下記へ相談してください。

 空家等の建物に関すること

  • 都市計画課  

 空家等の環境に関すること

  • 環境課 

 空家等の防犯に関すること

  • 消防防災課 
この記事に関するお問い合わせ先
都市計画課 都市整備室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6914(直通)
メールでのお問い合わせ