軽自動車税

あらまし

 軽自動車の財産としての価値に着目し、また軽自動車の使用が道路を痛める原因の一つとなっていることから、その所有者が市町村の経費の一部を負担する税金です。

納税義務者

 4月1日現在、町内に原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪小型自動車を持つ人です。

軽自動車税の税額

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等

標記の車両について、平成26年度税制改正により購入や登録の時期に関わらず、平成28年度分の軽自動車税から新税率が適用されております。

原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車等
車種 税率(年額)平成27年度まで 税率(年額)平成28年度から
原動機付自転車

50cc以下

1,000円

2,000円

原動機付自転車

51cc以上90cc以下

1,200円

2,000円

原動機付自転車

91cc以上125cc以下

1,600円

2,400円

原動機付自転車

ミニカー三輪以上(20cc超50cc以下)

  2,500円   3,700円
小型特殊自動車 耕運機、トラクター
コンバイン
  1,600円   2,400円
小型特殊自動車

その他

4,700円

5,900円

二輪小型自動車 251cc超   4,000円   6,000円
軽自動車 二輪126cc以上250cc以下
(トレーラー含む)
  2,400円   3,600円

三輪以上の軽自動車(重課税率)

平成26年度税制改正により、軽自動車税の税率が引き上げられました。

三輪以上の軽自動車(重課税率)

車種

税率(年額)現行(平成27年3月31日までに最初(新車)の新規検査を受けた車両)〈1〉 税率(年額)改正後(平成27年4月1日以降に最初(新車)の新規検査を受けた車両)〈2〉 税率(年額)最初(新車)の新規検査から13年を経過した車両〈3〉
軽自動車 三輪

3,100円

3,900円

4,600円

軽自動車 四輪 乗用 営業用

5,500円

6,900円

8,200円

軽自動車 四輪 乗用 自家用

7,200円

10,800円

12,900円

軽自動車 四輪 貨物用 営業用

3,000円

3,800円

4,500円

軽自動車 四輪 貨物用 自家用

4,000円

5,000円

6,000円

※「初度検査年月」は、自動車検査証の初度検査年月欄をご覧下さい。
(なお、平成15年10月14日前に新車新規登録された車両の場合、自動車検査証の初度検査年月は「月」の情報が記載されていない為、その年の12月を「初度検査年月」とみなします。)

三輪及び四輪以上の軽自動車(軽課税率)

平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規取得した一定の環境性能を有する軽四輪等について、
その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽減税率)が適用されております。

※平成31年3月31日新車登録分まで延長されました。登録の翌年度に限り適用されます。

三輪及び四輪以上の軽自動車(軽課税率)
車種 税率(年額)平成28年度のみ
電気自動車 天然ガス自動車〈4〉(75%軽減)
税率(年額)平成28年度のみ
平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る〈5〉(50%軽減)
税率(年額)平成28年度のみ
平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る〈6〉(25%軽減)
軽自動車 三輪

1,000円

2,000円

3,000円

軽自動車 四輪 乗用 営業用

1,800円

3,500円

5,200円

軽自動車 四輪 乗用 自家用

2,700円

5,400円

8,100円

軽自動車 四輪 貨物用 営業用

1,000円

1,900円

2,900円

軽自動車 四輪 貨物用 自家用

1,300円

2,500円

3,800円

〈4〉電気自動車及び天然ガス自動車については、平成21年排出ガス規制に適合し、且つ、平成21年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物を低減する車両とする。

〈5〉〈6〉ガソリン車・ハイブリッド車は、平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)且つ、

〈5〉乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車
〈5〉貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車
〈6〉乗用:平成32年度燃費基準達成車
〈6〉貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車

※適用となるかどうかについては、所持する自動車検査証の備考欄をご覧ください。

納付方法

 納税通知書によって全額を一度に納めることになります。また、軽自動車税には月割課税がありませんので、年度途中の払い戻しはありません。
 また、口座振替もしておりますので取り扱い金融機関にて申し込み下さい。

減免

 心身障害の程度が一定以上の方を対象として、軽自動車税を減免しています。ただし、普通自動車税の減免を受けている方は申請できません。詳しくはお問い合わせ下さい。

軽自動車の異動

下記のような場合には手続きが必要になります。

  • 軽自動車税の対象になる車を所有した場合
  • 届け出た事項に異動が生じた場合
  • 車輌を譲渡・廃車した場合
  • 他市町村に転居された場合

車輌の登録住所から転出した場合、住所変更の届出をお願いします。届出が遅れますと、納付書が届かない場合がありますので速やかに手続きをお願いします。

※手続きは下記の管轄機関で行っております。

管轄機関

管轄機関

車種

必要なもの

お問合せ先

軽自動車検査協会
岩手事務所

軽自動車(四輪)(三輪)

管轄機関にお問い合わせ下さい。

盛岡市湯沢16地割15-10
電話番号 050-3816-1833

岩手県
軽自動車協会

軽自動車二輪
(126cc以上250cc以下)

管轄機関にお問い合わせ下さい。

盛岡市湯沢16地割15-11
電話番号 019-639-8021

東北運輸局
岩手運輸支局

二輪小型自動車
(251cc以上)

管轄機関にお問い合わせ下さい。

紫波郡矢巾町流通センター南2丁目8-5
電話番号 050-5540-2010

紫波町役場
税務課

原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車(農耕車等)

申告される方・所有者の方の印鑑、登録車両の詳細が分かるもの。
廃車の場合はナンバープレートも。

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
019(672)2111
内線(2274~2276)

この記事に関するお問い合わせ先
税務課 課税室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6860(直通)
メールでのお問い合わせ