【鳥インフルエンザ情報】家きんを飼養する町民の皆様へ

 平成29年1月16日(月曜日)に紫波町日詰の畑で回収された野鳥(オオハクチョウ)について、北海道大学で確定検査を行った結果、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザが検出されました。今年度に県内で同ウイルスが検出されたのはこれで16例目となります。
 高病原性鳥インフルエンザが家きんに感染した場合、発生農場内の家きんの殺処分はもちろんのこと、周辺の家きん事業者についても移動制限措置が取られ、多大なる経済的影響を受けることとなります。
 つきましては、以下のような予防措置をとっていただきますようご協力をお願いいたします。

  • 飼育施設を防鳥ネットで覆い、家きんが野鳥・野生動物と接触しないようにする。
  • 飼育施設の周辺に消石灰を散布して消毒する。
  • 家きんと接触する前後に手と靴底を消毒し、農場内専用の衣服に身に付けることで、外部から飼育施設へ
    ウイルスを持ち込まないようにする。
  • 飼育施設内とその付近はこまめに掃除して清潔な環境を保ち、飲水には新鮮な水道水を使用する。
  • 部外者の飼育施設への出入りは必要最小限に留める。
  • 毎日家きんの健康状態をチェックし、異常が見られた場合はすぐに岩手県中央家畜保健衛生所(019-688-4111)に連絡する。
この記事に関するお問い合わせ先
農林課 農業振興室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6874(直通)
メールでのお問い合わせ