平成29年9月12日おたのしみ会

しわっせ交通安全教室

今年は秋の訪れるが早いような気がします。紫波町の産直には特産のブドウが陳列されるようになりました。夏の終わりから秋にかけて長雨も心配されましたが、ビー玉のように光沢があり、丸くてプルンとしたブドウを見ると、秋の訪れを嬉しく感じます。もう少しお天道様がお顔をだしてくれるといいな~と思う今日このごろです。

紫波町のブドウをぜひご賞味あれ!

 

さて、紫波町子育て応援センターでは9月のおたのしみ会が行われました。前日のバケツをひっくり返したような雨が朝まで続きましたが、足元の悪い中でもおたのしみ会に参加してくれてありがとうございます。

遊戯をしている写真

手遊びをしている写真

利用者さんのリクエストのお遊戯や手遊びを親子で楽しみました。

おたのしみ会に参加している保護者の写真

しわっせの交通安全教室

 

うさぎ村のファミリーはいつもにぎやかであわてんぼうです。今日はいいお天気なのでピクニックに行くことにしました。

車に乗っている写真

こどものぴょんきちもお母さんもお父さんもシートベルトもせず、携帯電話を見ながら運転します。

 

車からとびでている写真

ボールが転がっていたことに気付かずに急ブレーキ!シートベルトをしていなかったのでシートから飛び出てしまいました。

「いててて…」ぴょんきちは怪我をしてしまいました。

シートベルトのつけ方をおまわりさんに教えて貰っている写真

そこへうさぎ村のおまわりさんがやってきました。正しいシートベルトの仕方や、携帯電話を見ながらの運転の危なさを教えて貰いました。

おまわりさんに叱られている写真

ぴょんきちがいきなり道路に飛び出しました。

おまわりさんが注意の笛を鳴らします。「こらこら、道路に飛び出してはいけないよ。ちゃんと右左を見ないとね。そして、お父さんお母さんもこどもの手を離してはいけません。お家の人の手は、こどもの命を守る大切な手なんですよ」

おまわりさんの言葉にぴょんきちのお父さんもお母さんもはっとしました。大事な命を守る大切な役目があることを。

1.シートベルトの正しい装着の仕方

2.携帯電話について

3.道路では遊ばない、お家の人がしっかり見てあげる

これらの事をおまわりさんにしっかり教えて貰い、最後は交通安全の歌を歌いました。

 

おまわりさんと歌を歌っている写真

替え歌の歌詞

交通安全の歌は私達の教訓になりました。「明日があるさ」の曲で歌ってみてね!

交通安全を守って、みんなの町が笑顔でありますように。

お巡りさんのが敬礼している写真

本日は交通安全教室に紫波町西部駐在所の葛巻さんが指導にいらしてくださいました。ありがとうございました。おまけに、一緒にお遊戯もおどってくれましたよ!

ぶろこりん体操を踊っている写真

 

10月のおたのしみ会は、17日火曜日です。お待ちしています。

 

(たかりん)