平成30年5月10日「離乳食講座」

栄養士の講話

おおむね1歳から1歳6か月のお子さんを対象とした離乳食講座を開催しました。離乳食の後半になると、お子さんの偏食やムラ食べ、また幼児食への移行時期などに頭を悩ませるお母さんも多いようですね。そこで、紫波町の森川主任栄養士を講師に迎え、離乳食完了期のお悩みを丁寧に解決していただきました。。

試食メニュー

離乳食から徐々に幼児食へ移行出来るよう、食材の固さや大きさに意識すること、またおやつの役割や、自分で食べる意欲の大切さ等を教えてもらいました。

参加されたお母さんたちは、個別に心配なことや相談したいことを聞ける機会でしたので、熱心に質問されておりました。

そして、実際に試食をしてみました。

今回のメニューは、「豆腐団子のふわふわ煮」「かぼちゃの黄な粉まぶし」」「けんちん汁」です。

試食の様子

出汁のうま味たっぷりのやさしいお味に、子供たちの食欲もそそられ、モリモリおかわりして食べていましたよ。

実際にお母さんたちにも味見をしてもらうと、「薄味なのに十分おいしさが感じられ、参考になった」との感想をいただきました。

子供たちには好き嫌いなく何でも食べてほしいと思いますが、悩みすぎず頑張りすぎずに、家族が笑顔で食卓を囲めるのが一番です!

心配な事がありましたら、しわっせや森川主任栄養士にどんどんご相談くださいね。

お待ちしております。