令和元年6月28日「そよかぜクラブさんによる人形劇」

虹の保育園へレッツゴー!

虹の保育園外観

毎年人気のイベント「そよかぜクラブさんによる人形劇」を、今年度も披露していただきました!

いつもはしわっせを会場に開催している人形劇でしたが、今回はそよかぜクラブさんの活動本拠地でもある、虹の保育園にしわっせからもお友達が集まり、賑やかに開催いたしました。

人形劇始まり

広々したホールをお借りして、人形劇がはじまりはじまり~。

今回のお話は「はなさかじいさん」です。

お母さんのお膝に座り、子ども達もしっとりとお話の世界へ入り込んでいます。

はなさかじいさんのお話

やさしいおじいさんとおばあさん、飼い犬の「はち」。それから意地悪おじいさん…と、昔話のお話そのままのお人形が登場。

お代官様登場

お代官様が白馬に乗って登場するシーンは、桜も満開で豪華絢爛です。小道具一つひとつが手作りで端正込められています。

人形とのふれあい

じっくりお話を鑑賞した後は、お人形との触れ合いコーナーで、触ったりお人形に手を入れてみたりしました。

支援センターでの自由遊び

人形劇のあとは、みんなで支援センターで遊びました。しわっせとはまた違った玩具がたくさんあり、興味津々楽しみましたよ。まだ、虹の保育園へ行ったことのないお友達も、足を運んでみてはいかがでしょうか。自然豊かで、木のぬくもりが感じられる素敵な保育園ですよ!