高額介護(介護予防)サービス費の負担上限が一部、引き上げられました

平成29年8月に利用分から高額介護(介護予防)サービス費の「課税者がいる世帯に属する方」について、37,200円から44,400円に負担いただく上限額が引き上げられました。

このことにより、今まで高額介護(介護予防)サービス費が支給されていた方のなかで、高額介護(介護予防)サービス費が該当しなくなる場合があります。

ただし、世帯の65歳以上の方すべての介護保険の負担割合が1割負担(注釈1)で、かつ現役並みの世帯以外(注釈2)である場合、3年間に限り、年額上限446,400円(37,200円×12ヶ月)の特例が適用となります。

 

注釈1 次の全てに該当する方が2割負担者です。該当しない場合は1割負担となります。

・65歳以上の方

・町民税が課税されている方

・本人の合計所得金額が160万円以上の方(年金収入のみの場合、年収280万円以上)

・同じ世帯の65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が1人の場合で280万円以上、65歳以上の方が2人以上の世帯にいる場合で346万円

 

注釈2 現役並み所得世帯とは次に該当する場合です。

・同じ世帯に65歳以上で課税所得145万円以上の方がおり、同じ世帯の65歳以上の方の収入合計が520万円以上(1人世帯の場合は383万円以上)である世帯

この記事に関するお問い合わせ先
長寿健康課 介護保険室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5257(直通)
メールでのお問い合わせ