香川県における高病原性鳥インフルエンザを疑う事例の確認に伴う貿易対策の再徹底

飼養者の皆さんは再度防疫対策の徹底をお願いいたします

    平成30年1月10日、香川県さぬき市の肉用鶏農場において、高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が確認されました。発生農場では、家きん等の移動を自粛し、県が立入検査を実施しています。

    簡易検査の結果、陽性反応となりましたが、遺伝子検査の結果、H5亜型であり、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜であることが確認されました。

    当該農場(肉用鶏約5.1万羽)及び当該農場の関連農場(肉用鶏約4万羽)で飼養されている家きんについては、疑似患畜として処分され、家きん等の移動も自粛しております。

    飼養者の皆さんにおかれましては、再度防疫対策の徹底をお願いいたします。

    本情報及び関連情報については、下記リンク先に掲載されております。