環境課

業務内容

環境課は、循環政策室と生活環境室の2室により構成されています。

平成18年3月に改訂した環境・循環基本計画に基づき、限りある資源を効率的に利用していく循環型社会の構築のため、各種の取組みを行なっています。

循環政策室

内線番号:2250、2251、2522

資源循環

  • バイオマスタウン構想に基づく事業の進捗管理。
  • ごみ減量推進団体との連携・協力。
  • 3R運動(発生抑制:Reduce、再使用:Reuse、再生利用:Recycle)の普及啓発。
  • エコショップ制度の推進。

環境創造

  • 太陽光発電等の導入促進。
  • ペレット製造などの未利用資源の活用の啓発。
  • 省エネルギービジョンによる省エネルギーの推進。
  • 家庭での省エネの促進。
  • 自然との共生事業。
  • 森林ボランティアの育成、支援。
  • 紫波まちピカ応援プログラム参加団体の育成、支援。

環境学習

  • 環境マイスターの育成、支援。
  • 紫波みらい研究所との連携、協働。
  • 環境学習団体との連携、支援。

交流

  • 環境・循環PRセンターによる交流の促進。
  • 循環型まちづくりの視察対応。
  • 環境・循環関連情報の収集、発信。

生活環境室

内線番号:2260、2261、2262

  • 環境保全対策
  • ごみ処理
  • し尿処理
  • ごみポイ捨て・不法投棄対策
  • 火葬場運営
  • 公害対策
  • 鳥獣保護
  • 狂犬病予防対策

新着情報