下水道・浄化槽を正しく使いましょう

下水道や浄化槽に流してはいけないものがあります

皆さんが使用している下水道や浄化槽は、どんなものでも受け入れるわけではありません。
汚れた水は微生物が再生していますから、当然、微生物を弱らせたり殺したりする薬物などを流すのは禁止です。
そのほかに、下水道管を詰まらせたりポンプを故障させたりする水に溶けにくい物、そして、マンホールなどで爆発する危険性がある物も流してはいけません。

家族でお互いに注意し合うなど「気配り利用」お願いします。

浄化処理ができないもの

汚水の浄化処理の妨げになるもの、できないもの
流せないもの 処分方法
農薬、肥料、医薬品

使用する量を検討し、必ず使い切るようにする。

残った場合は処分方法を取扱店に相談する。

壊れた体温計の水銀 小瓶に水と一緒に入れて保管し、『有害・危険ごみ』として処分する。
食用油 ・ペットボトルに入れて回収箱に出す。
回収箱は、中央公民館、各地区公民館(古舘地区は古舘産直グリーンハウス)、紫波みらい研究所などに設置してあります。→問合せ(環境課)
・市販の油処理剤で固めるか、新聞紙などにしみこませて『燃やせるごみ』として処分する。
合成洗剤 説明書の使用量を守る。(使用する量が多いと、負荷がかかります。)

下水道管を詰まらせるもの

下水道管に詰まってしまうもの、管の中に付着するもの(においの原因)
流せないもの 処分方法
紙おむつ、生理用品、衛生用品、ペットシーツ 『燃やせるごみ』として処分する。
食用油(ラード類)、割りばし、ビニール(ラップ類)、タバコの吸いがら、ガム、髪の毛 『燃やせるごみ』として処分する。
野菜くず 『生ごみ』として処分する。
セメント、砂 使用前に量を検討し使い切る。
ティッシュペーパーなどトイレットペーパー以外の紙 水に溶けにくいので『燃やせるごみ』として処分する。

引火の恐れがあるもの

引火による火災の恐れがあるもの
流せないもの 処分方法
灯油、ガソリン、ベンゼンなど
廃油(自動車などのオイル類)
購入元に持っていき、引き取ってもらう。
トイレットペーパーやおむつを水洗トイレに流してはいけないことを示したイラストのイメージ
お風呂場の排水溝に髪の毛を流してはいけないことを示したイラストのイメージ
食用油や野菜くずを排水溝に流してはいけないことを示したイラストのイメージ
この記事に関するお問い合わせ先
下水道課 整備促進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6878(直通)
メールでのお問い合わせ