行政区長の職務について

行政区長の職務について

 

1 任 期 2年

 

2 人 数 131名

 

3 身分及び職務

行政区長は非常勤特別職の地方公務員です。

また、その職務は紫波町行政区長に関する規則において定められています。

【紫波町行政区長に関する規則(抜粋)】

区長は、町行政事務に関し行政区内の諸調査、連絡その他の事務を処理を行う。

事務を例示すると概ね次のとおりである。

(1) 町民への伝達に関すること。

(2) 住民基本台帳調査等に関すること。

(3) 広報紙等の配布に関すること。

(4) 公衆衛生等に関すること。

(5) 道路、河川等の管理に関すること。

(6) 街路灯の維持管理等に関すること。

(7) 社会福祉に関すること。

4 報 酬

年間の報酬額は次のとおりです。また、その支給は指定の口座で9月及び

3月の2回に分けて支給します。

基本割(6,800円×12カ月)+世帯割(150円×月毎の世帯数の合計件数)

紫波町行政区長に関する規則

昭和45年9月30日規則第12号

(目的)

第1条 この規則は、町の行政事務の効率的処理と町民の福祉増進を図るために設置する行政区長(以下「区長」という。)について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 区長の担当区域(以下「行政区」という。)は、別表のとおりとし、各行政区に1人の区長を置く。

2 町長は、特に事情がある場合においては別表の担当区域を変更することができる。

(職務)

第3条 区長は、町行政事務に関し行政区内の諸調査、連絡その他の事務を処理するものとする。

2 前項の事務を例示すると概ね次のとおりである。

(1) 町民への伝達に関すること。

(2) 住民基本台帳調査等に関すること。

(3) 広報紙等の配布に関すること。

(4) 公衆衛生等に関すること。

(5) 道路、河川等の管理に関すること。

(6) 街路灯の維持管理等に関すること。

(7) 社会福祉に関すること。

(委嘱)

第4条 区長は、行政区民から推薦された者を町長が委嘱する。

2 区長は、任期満了する年の2月末日までに次期区長候補者を行政区民の協議を経て紫波町行政区長推薦書により町長に推薦しなければならない。

第5条 区長の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。

2 欠員のため補充された区長の任期は、前任者の残任期間とする。

(秘密を守る義務)

第6条 区長は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(信用失墜行為の禁止)

第7条 区長は、その職の信用を傷つけ、又はその職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(免職)

第8条 町長は、区長が次の各号のいずれかに該当する場合においては、これを免職することがある。

(1) 勤務実績が良くない場合

(2) 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

(3) 前2条に該当する場合

(4) 前3号に規定する場合のほか、その職に必要な適格性を欠く場合

(補則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

 

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6868(直通)
メールでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。