交通死亡事故の注意喚起

岩手県内での交通事故死亡者数は11月28日現在、51名となっております。

第10次岩手県交通安全計画では、平成32年までに年間の交通事故死者数を50人以下とすることを目標としておりますが、残念ながら本年はすでにこの目標を超えている状態です。

県内で発生している交通事故死亡者の内訳として、高齢者が34名と全体の66%を占めている状態であり、夜間の道路横断中の事故が多いため、車両運転中の道路横断歩行者には十分注意してください。

道路横断する高齢者等については反射材を身に付けておらず、発見が遅れてしまい交通死亡事故に至るケースが多いため、家庭内や地域での反射材普及にご協力いただきますようお願いいたします。

紫波町内において本年は死亡事故が発生しておりませんが、残念ながら昨年末に交通死亡事故が発生しております。これからの時期、路面凍結等による滑走事故等が起こる可能性があるため車両の運転に十分注意するとともに、反射材を見に付けて事故防止に努めましょう。

 

ワンポイントアドバイス情報(岩手県警11月28日)

交通死亡事故発生ニュース(岩手県警11月27日)

この記事に関するお問い合わせ先

消防防災課 消防防災室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6869(直通)
メールでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。