ふわりと熱気球 「宇宙の学校」楽しく終了

熱気球の写真

上がった上がった熱気球

 1月15日、第2回「宇宙の学校」が開催されました。今回は、KU-MA(子ども・宇宙・未来の会)会長の平林久先生が、不思議な宇宙の話をしてくだいました。あわせて、熱気球の制作と、自分達で研究した成果の発表会を行いました。
 活動銀河核、ブラックホール周辺などの解明のため、電波天文衛星「はるか」による国際スペースVLBI計画のプロジェクトマネージャーを務めた平林先生は、地球と同じような惑星を持つ星やブラックホールについて、わかりやすく教えてくださいました。
 そのあとは、気球の制作と打ち上げです。親子で力をあわせて作った熱気球はふわりと上がりオガールプラザの高い天井に届き、みんな大喜びでした。
 熱気球を楽しんだ後は、自由研究を発表し交流しました。「チーズつくり」「アイスクリームつくり」「トイレットペーパーの芯で作ったロケット」など楽しい研究がいっぱい。みんなの研究の成果はKU-MAのホームページに掲載し、世界中の人に紹介します。
 子どもの心に日常や自然への興味関心を呼び、科学的な探究への一歩になった「宇宙の学校」。今年度はこれで終了しました。来年はどんなワクワクがあるでしょうか。たくさんの方の参加をお待ちしています。

生涯学習課さんの投稿

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 学習推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5243(直通)
メールでのお問い合わせ