豊かな実践をもとに、さらなる発展を

活動を振り返る会議の写真

活動を振り返る会議の様子

 2月21日、紫波町多目的スポーツ施設(サンビレッジ紫波)で第2回紫波町教育振興運動推進委員会常任委員・事務局合同会議が開催されました。 
 冒頭、侘美教育長は挨拶の中で「子どもの育成は大人の成長とともにある。学校、公民館がチームを組んで大人の育ちをけん引し、子どもの育成に結び付けたい。教振での自然体験、社会体験、人との交流は学校の中だけではできない貴重な学びである。教育振興運動が『生涯にわたる学習』に果たす役割を思い、反省と展望を交流し合ってほしい。」と、教育振興運動の実務を担う担当者が集う会議で活動の充実を訴えました。 
 続いて各実践区の報告があり、今年度の特徴的な活動の紹介と成果、課題が発表されました。各実践区の課題を解決するために学校、地域、家庭が協力して取り組んできたことがわかりました。また、地域の伝統行事や地区民運動会、国体への取り組み等を通して、大人も子どもも親しく交わり地域の一体感が生まれていることが報告されました。 
 今年の成果と課題をもとに、次年度の教育振興運動では「みんなでまなびみんなでつながる紫波の教振」をスローガンに子どもの生きる力を育む地域に根差した活動を展開していきます。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 学習推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5243(直通)
メールでのお問い合わせ