木造七仏薬師如来立像

七仏薬師如来立像

指定区分

岩手県指定有形文化財(彫刻)

時代

平安

指定年月日

昭和56年(1981)12月4日

数量

7

所在地

岩手県紫波郡紫波町赤沢字田中

解説

「七仏薬師経」による七仏薬師像で、紫波町赤沢地区にある赤沢薬師堂に安置されています。中尊は約1.3m、脇尊は約85cmの立像で、いずれも右手は施無畏印(指をやや曲げ、掌を前方へ向けている相)で、左手には薬壺を持っています。製作年代は7体全て平安時代とみられ、奥州藤原氏の時代の仏像です。平安時代の中尊と脇尊6体の七仏がほぼ完存されている例は全国的にも貴重であり、その大きさの上でも類例のないものです。
この頃、紫波町南日詰には奥州藤原氏分族の居館「比爪館」および関連施設があり、大規模な拠点を形成していました。赤沢薬師堂周辺には比爪とゆかりのある「蓮華寺」と呼ばれる宗教施設が近世以前にあったとみられ、求心力を有する信仰の場であったと推測されています。現在でも地域の方々を構成員とする「薬師講」が本像を大切にお守りしています。
現状、身は金色、衣は黒褐色、頭部は群青に塗られていますが、近世以降の着色と推測されています。東日本大震災、経年劣化等により矧目がゆるみ、表面彩色層の裂損・剥落が発生したことから、永続的な保存措置を講じるため解体のうえ順次修理を行っています(公益財団法人住友財団「文化財維持・修復事業助成」採択事業)。
県指定の段階では、材質はカツラとされてきましたが、中尊修理事業で行った木材組織分析の結果、ホオノキであることが確認されました。

【参考】
・岩手県立博物館テーマ展「比爪-もう一つの平泉-」図録(2014.3)
・岩手県「いわての文化情報大事典」木造七仏薬師如来立像

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 学習推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5243(直通)
メールでのお問い合わせ