木造地蔵菩薩半跏像

木造地蔵菩薩半跏像

指定区分

紫波町指定有形文化財(彫刻)

時代

江戸

指定年月日

昭和54年(1979)11月19日

数量

1

解説

地蔵は大地に内蔵する生命力を象徴し、弥勒仏が出現するまでの無仏の世界にあって、人々を救済する菩薩です。
本像は方形の二段框上に岩座、反花、蓮華座を重ね、右足を組み左足を台座から垂らした半跏の姿の地蔵菩薩像で、右手に錫杖を持ちますが、左手であるべき宝珠は失われています。衲衣は極彩色で宝相華唐草紋が華麗です。頭光は宝珠型で光輪の中にも透かし紋様が刻まれています。もと高水寺の寺仏と伝えられています。

像高37.0cm 台座高27.0cm

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 学習推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5243(直通)
メールでのお問い合わせ