木造金剛界大日如来像

木造金剛界大日如来像

指定区分

紫波町指定有形文化財(彫刻)

時代

江戸

指定年月日

昭和54年(1979)11月19日

数量

1

解説

本像は蓮華座に結跏趺坐した金剛界の大日如来で、胸元で智拳印を結んでいます。頭には大日如来が持つ五つの智慧を表す五智宝冠を頂き、瓔珞などの飾りをまとっています。像体には漆に金箔を押し、白毫は宝石を嵌入し、瓔珞には瑠璃を、宝冠には五智を象徴する宝石を付けています。

像高34.5cm 台座高37.5cm

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 学習推進室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-5243(直通)
メールでのお問い合わせ