【小規模事業者持続化補助金関連】新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明書の発行について

[本制度は、国が行う 「持続化給付金」 (法人最大200万円、個人事業主最大100万円の給付金) とは異なります。]

 

   中小企業庁では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている事業者への特例措置として、小規模事業者持続化補助金の採択審査にあたり加点措置を講ずることとしています。

   加点には、補助金申請の際に、市町村が発行する証明書の添付が必要です。

   新型コロナウイルス感染症の流行により経営に悪影響が生じており、かつ、同補助金の活用を検討されている事業者の皆様におかれましては、同制度の積極的な活用をご検討いただくようお願いします。

 

1  証明書の交付要件

(1) 令和2年2月1箇月間の売上高が、前年2月の売上高と比較して10%以上減少していること。

       また、毎月の締め日が1日から30日でない場合は、2月に該当する期(1月20日から2月19日、2月

    5日から3月4日など)1箇月の売上高と比較して10%減少していること。

(2) 創業1年未満の事業者においては、令和2年2月1箇月間の売上高が直前3箇月(令和元年11月から

    令和2年1月まで)の売上高平均と比較して10%以上減少していること。

       また、毎月の締め日が1日から30日でない場合は、令和元年11月から令和2年1月に該当する期3箇月

    の売上高平均と比較して10%以上減少していること。

    (3) 上記売上高の減少が新型コロナウィルス感染症の影響によるものであること。

2  証明書の交付申請先

    紫波町  産業部 商工観光課

    〒028-3392    紫波町紫波中央駅前二丁目3番地1

3  申請書様式(申請書は2部提出してください)

   新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請書(小規模事業者持続化補助金関連)(ワード:16.5KB)

4  その他

   セーフティネット保証4号の認定書、危機関連保証の認定書、雇用調整助成金の支給通知書などの官公庁が発行する新型コロナウイルスの影響により売上げが減少したことが分かる証明書・認定書をお持ちの事業者については、本証明書は不要です。補助金申請の際には、それらの認定書等の写しを添付ください。

 

※小規模事業者持続化補助金の内容、申請方法など制度の詳細については、下記関連ページをご覧いただくか、紫波町商工会(電話:019-672-2244)へお問合せください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光課 商工観光室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6913(直通)
メールでのお問い合わせ