HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)のキャッチアップ接種について

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)接種について、町では標準的接種対象である中学校1年生から高校1年生相当年齢の女子を対象に定期予防接種の案内をしています。

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)接種は、接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が見られたことから今まで積極的勧奨が控えられてきましたが、令和4年度から積極的勧奨が再開され、対象年齢を過ぎた方でも接種を受けること(キャッチアップ接種)ができるようになりました。

接種を希望される方は、別紙厚生労働省リーフレットを御覧になり、接種医から説明を受けた上で、接種を検討していただきますようお願いいたします。

キャッチアップ接種の対象となる方(令和4年度)

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性で、合計3回のHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の接種が完了していない方

接種回数

3回。ただし、既に1回目、2回目を接種された方は、残りの回数を接種することになります。

接種ワクチン

医療機関と相談のうえ、2価ワクチン(サーバリックス)又は4価ワクチン(ガーダシル)を接種してください。

ただし、既に1回目、2回目を接種された方は、既に接種しているワクチンと同じワクチンを接種することになります。

※9価ワクチン(シルガード9)については、現行全額自費での接種となります。

接種実施医療機関

次の医療機関で接種を実施しています。

医療機関に御予約のうえ、接種を受けてください。

接種に必要なもの

接種を受ける際は、次のものを医療機関に御持参ください。

・HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)予防接種予診票

・接種履歴のわかるもの(母子健康手帳等)

県外での接種を希望される場合

県外での接種を希望される方は、事前に申請が必要です。

申請いただくまえに、接種を希望する医療機関に実施について確認のうえ、紫波町役場健康福祉課にお越しください。

医療機関に事前に確認いただくこと

県外の医療機関に次の点を御確認いただき、実施に関して同意を得てください。

・紫波町からの依頼により、キャッチアップ接種を行うことができる。

・接種費用は接種後に紫波町に請求を行うことができる。

申請方法

県外での接種の申請は、紫波町役場 健康福祉課 健康係で受け付けております。

御家族の方も代理人として申請することが可能です。

申請の際は次のものを御持参ください。

・HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の接種履歴がわかるもの(母子健康手帳等)

・HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)予防接種予診票(お手元に未使用のものがある場合)

・窓口にいらっしゃる方の本人確認ができる書類(運転免許証等)

償還払いについて

定期予防接種の対象年齢(高校1年生まで)を過ぎてから、自費でHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)を任意接種した方(平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女子)に対し、当該任意接種費用の助成金の一部又は全部の給付(償還払い)を予定しています。

9月以降の実施を予定していますので、対象となる方の要件、申請方法等の詳細が決まり次第別途お知らせします。

なお、償還払いには、次のものが必要となる予定ですので、事前に準備ください。

・HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の接種履歴がわかるもの(母子健康手帳等)

・接種費用がわかるもの(領収書等。接種費用がわかるものがない場合、接種した期間における予防接種委託料を上限とした支払いとなります。)

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-2111(内線1345,1346)

メールでの問い合わせ