令和2年1月30日節分おたのしみ会

節分劇「てをつなごう」

毎年恒例の豆まきを、オガールプラザ情報交流館大スタジオで行いました。季節外れの雨が降る中、100名以上の親子が参加してくれました。豆まきと言えば「鬼」ですね。今回は青鬼、緑鬼、赤鬼がしわっせにやってきました。それではちょっと覗いてみましょう。

教育長の写真

紫波町音楽家淳トーベンさん(教育長)と指揮者真紀ランジェロさんがおたのしみ会にやってきました。

親子で歌をうたっている写真

淳トーベンさんのピアノ伴奏に合わせて、参加者全員で「七つの子」を歌いました。綺麗な音色が響きました。

絵本の主人公

節分「手をつなごう」の劇のはじまりはじまり。

絵本の中から、一寸法師、かぐや姫、一休さんが飛び出してきました。いったいどうしたのでしょう。

 

鬼が島の鬼

次に鬼が島の鬼軍団が絵本から飛び出しました。鬼達は、一寸法師達から主人公を奪おうと戦いを仕掛けます。

縄跳びをしている写真

長縄跳び勝負では、故意に邪魔をして勝利をつかみます。

絵本の主人公が縄跳びをしている写真

卑怯な手を使う鬼達に、絵本の主人公と客席の親子は反撃します。

豆まき

豆の代わりのカラフルボールを、「鬼は外、福は内」と鬼にぶつけます。お家の人も子ども達も一生懸命退治します。

鬼が退治されている写真

みんなのパワーに負け、鬼達は降参します。もう悪い事はしません。ごめんなさい。主人公達がうらやましかっただけなんだ。

フィナーレ

心を入れ替えた鬼達は、絵本の主人公と仲良くなります。みんな友達だよ。

記念写真

おとうさん、おかあさん、おじいいちゃん、おばちゃん、そして私たち、みんなで一緒に手をつないで、大切な子ども達を育てていきましょう。

タッチしている写真

最後は鬼さんとタッチ!僕も優しくて強い子になるよ!

参加者親子の写真

手作りコスチュームで会を盛り上げてくれた親子も!

子育て親子のみんさんへ

本当の節分は2月3日です。ご家庭でも豆まきをして、心の中の泣き虫鬼やいやいや鬼、おこりんぼ鬼を退治しましょう。

これからも、一緒に笑って泣いて、喜んでいこう。ひとりじゃないよ。みんな仲間だよ!

 

チームしわっせ