ロタウイルスワクチン予防接種の定期接種が始まります。

令和2年10月1日から、ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になります。

 

ロタウイルスによる胃腸炎は下痢、嘔吐を激しく引き起こします。この胃腸炎は、感染力が強く、ほとんどの乳幼児がかかるうえ、初めてかかった際は、特に重症化しやすい病気です。

 

この予防接種は、ロタウイルスによる胃腸炎の発症を7~8割減らすうえ、入院等の重症化をほぼ予防できるとされています。

 

参考

厚生労働省ホームページ(ロタウイルス)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou03/rota_index.html

対象者

令和2年8月1日以降に生まれた者で、接種日時点で紫波町に住所を有する者

ただし、次の場合は、予防接種を受けられません。

・腸重積症の既往歴があることが明らかな者

・先天性消化管障害を有する者(ただし、治療が完了した者は除く。)

・重症複合免疫不全症の所見が認められる者

実施期間

令和2年10月1日から

ワクチン

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、経口による接種を行います。

接種するワクチンについては、医療機関にご相談でください。2種類とも、予防効果や安全性は同等ですが、接種回数が異なります。

なお、途中からワクチンの種類を変更することはできませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種します。

 

初回は、生後2か月から出生14週6日後までに完了することが望ましいとされています。出生15週0日後以降の初回接種はお勧めしません。

ワクチンの種類

ワクチン名

ロタリックス(1価)

ロタテック(5価)

接種時期

出生6週0日後から24週0日後

出生6週0日後から32週0日後

※どちらのワクチンも、初回接種を、生後2か月から出生14週6日後までに接種します。

接種回数

2回接種(27日以上の間隔をあける)

3回接種(27日以上の間隔をあける)

接種後、特に注意すること

どちらのワクチンも、接種後(特に1~2週間)は腸重積症(後述)の症状に注意し、症状が見られた際には、すみやかに接種した医療機関を受診してください。

ロタウイルスによる胃腸炎

ロタウイルスは、乳幼児の急性重症胃腸炎の主な原因ウイルスとして知られています。ロタウイルスに感染すると、2~4日の潜伏期間(感染から発病までの期間)の後、水のような下痢や嘔吐(おうと)が繰り返し起こります。その後、重い脱水症状が数日間続くことがあります。発熱や腹部の不快感などもよくみられます。

合併症として、けいれん、肝機能異常、急性腎不全、脳症、心筋炎などが起こることがあり、死に至る場合もあります。

意識の低下やけいれん等の症状が見られたら、速やかに、近くの医療機関を受診しましょう。

接種できない場合

接種日当日に次のような場合は接種できないことがあります。詳しくは、医療機関とご相談ください。

・接種当日、明らかな発熱(37.5℃以上)を呈している。

・重篤な急性疾患にかかっている。

・予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーショックを呈したことが明らかである。

・その他、予防接種を行うことが不適当な状態にある。

実施医療機関

別紙の医療機関で実施しています。事前にお問い合わせのうえ、予防接種を受けてください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-4522(直通)

メールでの問い合わせ