伐採および伐採後の造林の届出等の制度について

伐採および伐採後の造林の届出等の制度について

森林所有者などが森林の立木を伐採する場合、事前に伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが義務づけられています。
また、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。
(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

届出の対象者

森林法第5条の規定により岩手県が策定する「北上川上流地域森林計画」の対象となる民有林の森林所有者や立木を買い受けた者などです。
立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で提出します。
伐採予定地が届出の対象となるか必要か否かについては、紫波町役場産業部環境課にお問い合わせください。

提出期間

(1)伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日前から30日前まで
(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内

提出先

伐採・造林する森林がある市町村の長です。
下記を参考に記入の上提出をお願いします。
 
 
 
 
この記事に関するお問い合わせ先

環境課 林務係

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅二丁目3-1

電話:019-672-6892(直通)

メールでのお問い合わせ