林野火災に注意してください

例年3~5月は、気温の上昇と晴天による林内の乾燥、強風等により、林野火災が県内各地で多発しています。昨年もこの時期に多数の林野火災が発生しています。

町の大切な森林資源を守るために、たき火、火入れ等の火気を使用する際は、下記の点について十分に注意してください。

 

  • 枯草や落ち葉等の近くでたき火をしないでください。
  • たき火等の火気の使用中は、消火用の水等を必ず準備するとともに、その場を離れないでください。
  • たき火等火気の使用後は完全に消火してください。なお、炎が見えなくなっても火種が残っていることがあるので、十分に確認してください。
  • 強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないでください。
  • たばこは、指定された場所で喫煙し、吸殻は必ず消すとともに、投げ捨てないでください。
  • 火遊びはしない、またはさせないでください。
  • 火入れを行う際は市町村の許可を必ず受けるとともに、あらかじめ必要な防火設備を準備してください。

 

火入れと野焼きに注意
この記事に関するお問い合わせ先

環境課 林務係

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅二丁目3-1

電話:019-672-6892(直通)

メールでのお問い合わせ