星山神楽

普将

普将

龍殿

龍殿

指定区分

紫波町指定無形民俗文化財

指定年月日

平成14年(2002)10月29日

所在地

岩手県紫波郡紫波町星山地区

解説

昭和7年春、星山地区の阿部市右ェ門氏が近所の人達と語り合い、地域に神楽を導入しようという事になり、早池峰神楽大償流から師を招き練習を始めました。それから二年余の修業に励んで、昭和9年から地区内にある百沢、舘森神社の祭礼をはじめ、町内各地の催事等にて公演し、盛んに舞われてきました。後継者不足から一時途絶えていたところ、平成元年春から、再び地域の青壮年の有志が同じ大償神楽から教わり復活しました。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 生涯学習係

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-5243(直通)

メールでのお問い合わせ