遠山田植踊

遠山田植踊

指定区分

紫波町指定無形民俗文化財

指定年月日

昭和50年(1975)3月25日

所在地

岩手県紫波郡紫波町遠山

解説

遠山には様々な芸能があった事が知られていますが、付近の佐比内や赤沢の金山採掘に関わるものとの説もあります。
この田植踊の由緒についてははっきりしていませんが、明治の中頃まで座元は青麻神社別当が束ねていました。その後中絶していた踊りを大正末期に同門であったという大巻の組から教えを受けて復活し、現在に至っています。
十一の演目からなり「棒踊」と称する踊りは独特のものです。

(紫波町教育委員会1997『わたしたちの文化財』より)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 生涯学習係

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-5243(直通)

メールでのお問い合わせ