紫野鹿踊

紫野鹿踊

指定区分

紫波町指定無形民俗文化財

指定年月日

昭和50年(1975)3月25日

所在地

岩手県紫波郡紫波町紫野

解説

『紫野鹿踊来広記』によると、正徳年中(1711~1716)に紫野の三右衛門なる人と徳田村の仁左衛門の娘の縁組により、徳田村から伝えられたと言います。その後何度かの中断を克服し現在まで踊り継いでいます。激しく勇壮なこの鹿踊りは、「入端」や「牝鹿狂い」など12種類の演目で構成されています。

(紫波町教育委員会1997『わたしたちの文化財』より)

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 生涯学習係

〒028-3392

岩手県紫波郡

紫波町紫波中央駅前二丁目3-1

電話:019-672-5243(直通)

メールでのお問い合わせ