紫波町一般廃棄物(ごみ)処理基本計画

 この計画は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第6条の規定に基づき、ごみの処理に関し基本施策を定める計画として、平成28年3月10日、紫波町議会の議決を経て策定となりました。

 平成21年3月に策定された計画から5年を経過していることから、平成26年度までの進捗状況及び社会情勢の変化を踏まえ、改定したものです。

 ごみの減量とリサイクルの推進に皆さまのご協力をお願いします。

前回の計画目標の達成状況

1 発生抑制の目標

家庭系ごみ

1人1日当たりごみ発生量を平成25年度において、平成19年度より5%以上削減する。

達成状況

未達成
611グラム毎人・日(平成19年)→612グラム毎人・日(平成25年)

事業系ごみ

未達成
ごみ発生量を平成25年度において、平成19年度より5%以上削減する。

達成状況

3,217トン毎年(平成19年)→4,065トン毎年(平成25年)

2 資源化の目標

資源化の目標

平成25年度におけるリサイクル率を31%以上とする。

達成状況

未達成
29%(平成19年)→26%(平成25年)

3 最終処分の目標

最終処分の目標

平成25年度における最終処分率を5%以下とし、以後さらに削減する。

達成状況

未達成
5.3%(平成19年)→5.6%(平成25年)

改定後の発生抑制・資源化等の目標

1 発生抑制の目標

(1)  家庭系ごみの削減目標

1人1日当たりごみ発生量を平成32年度において、現状(平成26年度)より5%以上削減する。

601グラム→570グラム

(2)  事業系ごみの削減目標

ごみ発生量を平成32年度において、現状(平成26年度)より5%以上削減する。

3,688トン→3,503トン

2 資源化の目標

平成32年度におけるリサイクル率を27%以上とする。 
25%→27%        

リサイクル率=(集団回収量+中間処理資源化量)÷総ごみ発生量(注釈)×100
(注釈)総ごみ発生量=集団回収量+家庭系ごみ排出量+事業系ごみ排出量

この記事に関するお問い合わせ先
環境課 生活環境室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6893(直通)
メールでのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。