熊に気をつけて!!!

クマに出会わないために 1.自分の存在を知らせる(鈴や笛、ラジオなどで自分がいることを熊に知らせる。人の気配を察知すると、熊から逃げていきます) 2.早朝・夕方・霧の場合は注意が必要(朝夕は熊が活発に活動する時間帯です。昼間でも、霧など薄暗い場合は注意が必要です。) 3.熊に会いやすい場所(笹やぶ、ブナ・ミズナラの林、川沿い、山すそなどは特に危険です。) 4.小熊は危険信号(小熊の近くには母熊がいます。子連れの熊は特に危険ですので、小熊を見かけたら、速やかにその場を離れましょう。)

里に下りてきたクマ

クマの写真

熊に出会ったら・・・

  1. 距離が離れているときは、静かにその場を去る。
  2. 距離が近いときは、急に動かずクマの様子見ながら、ゆっくり後退する。
  3. 急な動き、背中を見せて逃げる、大声を出す等の行為は非常に危険です。
この記事に関するお問い合わせ先
環境課 生活環境室
〒028-3392
岩手県紫波郡
紫波町紫波中央駅前二丁目3-1
電話:019-672-6893(直通)
メールでのお問い合わせ