【公民連携事業】民間提案制度事業審査結果の公表(令和5年6月)/紫波町

民間提案制度事業 審査の結果を公表します

令和5年4月24日募集開始の「紫波町民間提案制度事業」の募集に対し、下記の通り事業提案がありました。

1 事業名 「町内企業向けICT等の新技術を入れた雇用DX及び各種相談窓口設置」

2 事業者 代表企業 ポート株式会社
    グループ企業 SOKO LIFE TECHNOLOGY株式会社

3 事業概要 ICTを活用した採用活動に不慣れな事業者を対象とした相談窓口を設置。 メタバース上での学生と町内企業間のマッチング機会を提供する「就活メタバース」等、ICTの技術を取り入れた実証事業の実施。  

4 採択結果 採択(継続協議)

5 審査結果詳細

民間提案制度とは


紫波町では第三次紫波町総合計画で掲げた「暮らし心地のよいまち」の実現のため、オガールプロジェクトをはじめとして、公民連携によるまちづくりに取り組んできました。

近年では、様々な民間事業者と連携協定を取り交わし、医療、福祉、情報、スポーツ、まちづくり等、幅広い提案をいただきながら、住民サービスの向上に努めてきました。その多くは町の財政負担を伴わない事業であり、厳しい財政運営の中で、民間のノウハウにより多様・複雑化したニーズに応えられるよう取り組んでいます。

民間事業者の方よりいただいた提案は、町が実現可能性等を審査し、採択された後、事業者との協議を経て公民連携により事業化を目指します。ただし、事業が議会で承認されない等の事由により、事業化されない場合があります。

【地域づくり課】公民連携事業

他のカテゴリを見る
カテゴリ選択